【IT知識ゼロからの活躍】ミッションを体現する若手社員に聞く、顧客とともにこれからの経営を考えるとは。

  • 2023.03.22
  • admin

「クライアントの本質的な課題を解決すること」をミッションに掲げる「アイエスエイプラン」。”ITの知識ゼロ”で入社しながらも一からITの知識・スキルを身に付け、飛躍的な成長を遂げている若手社員にインタビューを行いました。

第二弾の今回お話を伺ったのは、ITコンサルタントとして業務を行う青木さんです!

学生と社会人の違いを感じた入社当初

学生時代は現代教養学部で数学を専攻していました。ITに関する知識はほぼ“ゼロ”でしたが、業界の将来性や採用担当者の人柄に魅力を感じ、入社を決めました。アルゴリズムやプログラミング言語に関しては数学に似ていることもあったので、新入社員研修を通して比較的スムーズに習得できましたが、チームでの開発演習は苦労しましたね。学生時代のテスト勉強とは違い、チームのメンバーとコミュニケーションを取りつつ、わからないことを自分たちで調査しながら進めるのが難しかったです。「社会人というのはこういうものか」と思いながら取り組んだのを覚えています。

人事としてスタートした業務

私の場合は、研修終了後にプロジェクトに配属されるのではなく、人事・育成回りの仕事からのスタートとなりました。入社1年目はプログラミングスクールの講師、2年目は新卒研修の設計〜実施、インターンシップ等を担当していました。新卒研修に関しては、単なるプログラミング学習ではなく、アイエスエイプランのミッション「クライアントの本質的な課題を解決する」を体現できるエンジニアをいかに育成するかという観点を重視し、設計を進めました。

ITコンサルタント 青木ひなのさん(2019年入社/東京女子大学 現代教養学部 数理科学科卒)

3年目からはプロジェクト業務も担う

入社3年目からは、新入社員研修や全社向け研修の企画〜実施と並行して実際のプロジェクトにも配属することになりました。最初にジョインしたのは、つぎはぎ状態で更新されてきたクライアント企業の各種基幹システムを、ERPパッケージ「SAP」にまるごと刷新するプロジェクトでした。このプロジェクトには要件定義の前の企画段階から入り、クライアント企業の経営の仕組みや業務のやり方についてヒアリングするところにも関わりました。クライアントの業務フローを「SAP」の標準業務フローに合わせるために、ムダな業務フローを省く提案を行ったほか、クライアント企業の抱える課題をより良いかたちで解決するために、KPI設定の改善やツールの作り込みなど、要望を超えた取り組みを実践しました。現在は倉庫管理システムのマイグレーションプロジェクトのリーダーとして、2人の部下及びオフショアの協力会社のマネジメントにも取り組んでいます。

実務を経て、ミッションの重要性を実感

実務を経験したことで、当社のミッションを体現することの重要性、そして面白さを理解するとともに、実際のプロジェクトでスムーズに生かすことのできる研修を設計することの大切さをあらためて実感できました。現在は実務での経験を積極的に還元しながら、研修の質をこれまで以上に洗練させています。今後は当社が抱える課題の解決にも挑戦していきたいと思っています。

関連記事

【IT知識ゼロからの活躍】新卒入社2年目で管理職CEに!活躍を続ける社員を直撃!

【IT知識ゼロからの活躍】視座を高め、他社にないスピード感で成長を遂げる若手社員を直撃!

25卒採用実施中

アイエスエイプランでは、25卒採用を実施中です。
現在、随時会社説明会を開催しておりますので、ご興味を持って下さった方はぜひご参加ください。
以下のLINEにご登録いただいた方には、採用担当より詳細のご連絡をさせていただきます。

友だち追加